Archive | 端末メモ RSS feed for this section

画面の大きさをどう生かすか?au版XPERIA Z Ultra SOL24を使って思ったところ

19 2月

どうも、XPERIAアンバサダーミーティングXPERIA Z Ultraタッチ&トライイベントを通じてau版XPERIA Z Ultra SOL24を借用することになったあるすまです。

試験勉強のこともあってなかなか触る機会がなかったのですが、明日にて端末の返却をしないといけないので自分が使ってみてよかったなと思ったところやこれはちょっと気になるなと思ったところを書いていこうかなと思います。

NCM_0569

XPERIA Z Ultraを使ってみてまず初めに思ったのが、画面の大きさをどう生かすかを考えながら使う必要があるということ。

XPERIA Z Ultraは6.4インチのフルHDディスプレイを搭載しているということもあって、画面が大きいかつ文字などが見やすいという特長があります。

これによってブラウザでWebサイトを見るのに視認性がよくなったり、動画や写真などが見やすくなる、さらには電子書籍がさらに見やすくなるというメリットが生まれるが、私に言わせるならそれ以上にゲームがやりやすくなるというメリットがあると感じました。

以下に2つの画像を配置します。

DSC_0035NCM_0605

左にあるのは私が今使ってるスマートフォンMEDIAS W(画面は4インチ)で、右にあるのが今回紹介しているXPERIA Z Ultraです。

これらの画像は2つの端末で同じゲームをやった時の様子を撮影したものです。

MEDIAS Wは画面が小さめということもあって片手での操作がやりやすいが、その反面、画面が小さめということもあって選択したい部分を正確にタッチし辛いし、何といってもあまり迫力がない。

それに対してZ Ultraでは片手での操作がしやすいとはいいがたいが、画面が大きいということもあって小さい画面のスマフォよりは選択したい部分が広くなり、いくらか正確にタッチしやすくなっていた。

そして何といっても迫力がある。

これは大きい画面を搭載したスマフォだからこそのメリットと言えます。

更にゲームに限らずスマートフォンを日常的に使う上でこれは使いやすいなと思った活用法を見つけたので紹介します。

Screenshot_2014-02-19-17-03-34Screenshot_2014-02-19-17-03-42

それはホーム画面を「シンプルホーム」に変更すること。

シンプルホームはau端末のプリインストールアプリとして入っているホームアプリのことでその名の通りホームをできるだけシンプルにして使いやすくしたものとなっているが、このホーム画面をXPERIA Z Ultraで使ってみたらこれが使いやすい!

まず、一つ一つのアイコンが大きくなっていて、更に端末自体の画面が大きいということもあって使いたい機能を正確にタップしやすい。

Screenshot_2014-02-19-17-03-51Screenshot_2014-02-19-17-04-05

また、シンプル設定では必要最低限の設定項目のみが表示され、さらに文字が大き目で見やすいというメリットがあります。

それから、ドロワーに匹敵する機能と思われる「その他のアプリ」でアプリの一覧が表示されるのですが、これに関してはアプリのリストを上からスクロールさせて選択する必要があるので、あまり多くのアプリを入れない方がいい。

スマフォはあまりガツガツと使うつもりのない人だったらもはやこれを使い続ければいいかもしれません。

ここまで画面が大きいことで生じるメリットについて書いたが、画面が大きいことで生じるデメリットも書いていきます。

画面が大きいということもあって自分以外の人にも画面が見えやすくなるのが気になりました。

タブレットとしてサイトなどを見る分には問題ないが、あくまでXPERIA Z Ultraは電話機能も搭載しているため、スマートフォンとして使う人もいるかもしれません。

電話、メールアドレスなどの個人情報を入れて使うときは、他人に画面が見えやすいという特徴があるのを考慮したうえで使う必要があります。

続いて、XPERIA Z Ultraを使ってみて思ったのが、カメラ機能が豊富なだけあってカメラ自体の性能に残念だなと感じました。

というのもXPERIA Z Ultraのカメラはどうもノイズが目立つという印象を受けたからです。

以下に2つの画像を配置します。

DSC_0004DSC_0002

一方は暗いところで撮影した写真で、もう一方は比較的明るいところで撮影した写真です。

暗いところで撮影するとどういう訳かノイズが目立ってしまいます。

フラッシュを使って明るくして撮影しようかと思うも、XPERIA Z Ultraにはフラッシュ用のLEDを搭載していないためフラッシュを使うことができません。

また、明るいところでの撮影に関しても暗いところほどではないが、若干ノイズが入ってるかなーと感じざるを得ません。

特に黒いものを撮影する際のノイズが目立ちました。

これはカメラを売りにするXPERIAとして見直すべきかなと思いました。

以上で、紹介を終わりたいと思います。

IS01が突然管理人室にやって来ました。

7 12月

もうすぐクリスマスがやってくるわ、自分が10代でいられるのもあと1年もない…

そう嘆きながら今のメイン端末MEDIAS W片手にいつものように大学に通っていたときにとある知り合いが何やら面白そうな話を持ち掛けられました。

「IS01を貰ってくれないか?」

なんとその知り合いはかつてのSHARPの名機IS01を2台持っていたみたいで、1台は自分用に使ってるが、もう1台の方はROMを入れ替えるといった改造にちょっとだけ使っただけであまり使っていなかった(今は純正のROMに戻している)とのこと。

ちょうどその時は、私が誕生日を迎えたばかりだったということもあって、あまり使わなくなったことだし貰ってほしいとのことだったので、有難くIS01を受け取ることにしました。

まさかこんな形で誕生日を祝われるとは思いもしなかったのは言うまでもない。

NCM_0353

ということがありまして、突然ではあるが管理人室にIS01がやって来ました。

このIS01は一度ROMを入れ替えるといった改造を行っていた、契約情報のなくなったauのICカードが刺さったまま(時計の時間を合わせるために刺さっていて、インターネット接続等は不可能)、microSDカードが刺さっていないのを除けば本体自体に問題はありませんでした。

ただし、付属品の大半が欠損しているという問題点があります。

NCM_0354

本体はまだそれほど触っていないが、ワンセグが視聴できるのは確認済みなので今後TV端末として活用できそうです。

ネットも無線LANを使って接続すれば問題なくみることができるので、サブの端末として運用できるかなと思ったのだが、ここで問題発生!

充電ができないのである。

始めにパソコン経由で充電してみたものの全く充電できない状態になっていて、次にACアダプター経由で充電したのだが、それでも全く充電できない状態になっていました。

この現象についていろいろ調べてみたところIS01には付属の専用の充電ケーブルを使わないと充電できないということが分かったのだが、先ほど言ったように付属品の大半が欠損しているということからそのケーブルを使うことができない…

ということでこれからIS01で使える充電ケーブルをいろいろ探して調達してこようかなと思っています。

ちなみにIS01を譲ってくださった知り合いは、私が奇跡的に入手することができた海外端末のkyocera echoをぜひ見てみたいとのことだったので、今後見せる機会があった時に見せようかなと思っています。

Optimus it L-05Eで個人的に気になった機能を使ってみた。

27 7月

NCM_0068

7月3日からOptimus it L-05Eという端末を借りていたのですが、そろそろ返却日が近づいてきたので記事を書きたいと思います。

この記事では端末の機能の中で個人的に気になったものを紹介しようかなと思います。


・スマートスクリーン

Screenshot_2013-07-26-01-22-28Screenshot_2013-07-26-01-22-35

どこかの端末で似たような機能があったような気がするが、ようは画面を見ている間は画面ONにした状態を維持するというもの。

どうやら機能を有効化すると、インカメラが人の目を検知して端末の画面を見ているかどうかを判別するようになっているみたいです。

画面の消灯時間を15秒とかに設定しておけば、画面を見ている間は画面ON維持で、画面を見ていないときは自動で画面OFFにするといった使い方ができます。

・スクリーンセーバー

Screenshot_2013-07-26-01-34-06Screenshot_2013-07-26-01-34-22

この機能を見たときこれはスマートフォンなのか?!と目を疑ったのですが、その名の通りパソコンの機能でおなじみのスクリーンセーバーです。

パソコンをしばらく操作しないでいると画面がいろいろ変わるというあれです。

Screenshot_2013-07-26-01-34-50Screenshot_2013-07-26-01-35-02

どうやらバックライト消灯時にスクリーンセーバーがONになるみたいなのですが…

なかなかスクリーンセーバーが表示されない

自分の設定に何か問題あるのかなといろいろいじってみたのですが、残念ながらスクリーンセーバーを試すことができず。

・LG smart World

Screenshot_2013-07-26-01-30-30Screenshot_2013-07-26-01-31-49Screenshot_2013-07-26-01-32-23

LG独自のマーケットアプリといったところの機能か。

どんなアプリがあるのか見てみたところ、ほとんど(というかほぼ全部)のアプリが英語です。

Screenshot_2013-07-26-01-32-40Screenshot_2013-07-26-01-33-21

アプリ以外にも動画をダウンロードすることができるみたい?なのですが、どんな動画があるのか見てみたところOptimusのCMしか表示されない?

何か会員登録しないと他の動画をダウンロードできないのか?

残念ながら今回はその機能を最大限に使える機会がなかった。


これはOptimus it L-05Eのほんの一部の機能でしかないのですが、何だか面白そうな機能だけどまだまだ未完成な部分もあるのでは?と感じざるを得なかったところがあった。

今後の端末では少なくともこれらの機能がより完成度の高い機能になっていることに期待します。

Optimus it L-05Eのプリインストールアプリを見てみた。

27 7月

NCM_0125

7月3日からOptimus it L-05Eという端末を借りていたのですが、そろそろ返却日が近づいてきたので記事を書きたいと思います。

この記事ではOptimus it L-05Eのプリインストールアプリとしてどんなアプリが入っているのかを紹介したいと思います。

Optimus it L-05Eのプリインストールアプリはこんな感じになっています。

Screenshot_2013-07-27-04-13-48Screenshot_2013-07-27-04-14-06

ブラウザは標準ブラウザとGoogle Chromeが一緒に入っています。

ここ最近のAndroid端末ではほとんど入っています。

この端末はワンセグとNOTTVを使うことができるので、NOTTVアプリとワンセグのアプリ(テレビ)が入っています。

Screenshot_2013-07-27-04-14-23Screenshot_2013-07-27-04-14-30

Android端末のプリインアプリとして初めて見るアプリとしてはデコメダウンローダーというアプリがあります。

このアプリで一度会員登録することで、いろんなデコメを自動でダウンロードすることができるという変わったアプリです。

新しいデコメが配信されるたびにそのデコメを端末に自動で保存し、SPモードメールなどでデコメが使えるようになっています。

また、LG端末に入ってるプリインアプリとしてSmartWorldというアプリがあるのですが、これに関しては次回の記事で紹介しようかなと思います。

さらに、この端末ではおサイフ機能があるのでおサイフケータイのアプリが入っています。

以上でL-05Eのプリインストールアプリの紹介を終わります。

次のレビューでは端末の機能の中で個人的に気になったものを紹介しようかなと思うのでお楽しみに!

Optimus it L-05Eは本当にコンパクトなのか?

20 7月

NCM_0077

どうも、いろんな端末を使っているあるすまです。

実は7月3日からOptimus it L-05Eという端末を借りていたのですが、そろそろ記事書かないとやばくねえか?と危機感を感じたので早速Optimus itの端末レビューを書いていこうと思います。

この記事ではOptimus itの外観を中心に書いていきたいと思います。

では早速外観を見てみましょう!

NCM_0127NCM_0128NCM_0129

前面は4.5インチのHD液晶にタッチセンサー式のキーが配置されています。

この端末はdocomoの2013年夏モデルということもあって、docomoのロゴが新しくなっていますね。

(今までのロゴよりもdocomoの文字がでっかくなっているのは気のせいかな?)

左側面にはボリュームキーがあり、右側面には何もありません。

NCM_0130NCM_0131NCM_0132

裏面には1320万画素のカメラと赤外線ポート、おサイフマークがあります。

また、おくだけ充電に対応しているのですが、ワイヤレスチャージャーが別売になっているので今回はその機能を試す機会がなさそうです。

上側面には電源ボタンとイヤホンジャックが、下側面にはUSB接続端子がむき出しになっています。

他の防水対応端末だとイヤホンジャックやUSB接続端子にカバーがおおわれているものが多い(イヤホンジャックのみがむき出しの端末もあるが)が、この端末はイヤホンジャックとUSB接続端子がむき出しになっていて使い勝手がいいですね。

さて、外観の説明はこれくらいにするとして…

このOptimus it L-05Eは夏モデルの端末としては小柄な部類に入るので他の端末と比べてどれだけコンパクトなのか気になったので、自分が使ってる他の端末を使って大きさを比べてみることにしました。

NCM_0125

左からARROWS V、Optimus it、XPERIA arcと並べてみたのですが…

ARROWS V(4.7インチ液晶搭載)とそこまで大きさ変わらなくないか?!

ただ、Optimus itはARROWS Vにない「おくだけ充電」機能も詰め込んでいると考えるといくらかコンパクトな端末なのかなと思います。

次のレビューでは端末の機能を中心に紹介しようかなと思うのでお楽しみに!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。