au版XPERIA Z Ultra SOL24ファーストインプレッション

3 2月

どうも、XPERIAアンバサダーミーティングXPERIA Z Ultraタッチ&トライイベントを通じてau版XPERIA Z Ultra SOL24を借用することになったあるすまです。

試験勉強のこともあってなかなか触る機会がなかったのですが、今日にて端末を触る時間ができたので、外観やちょっと使ってみた時の使用感等を紹介しようと思います。

NCM_0569

XPERIA Z Ultraの最大の特徴として6インチ級のフルHD解像度液晶を搭載していることが挙げられます。

今、販売中のスマートフォンの液晶が5インチ級が多い中、6インチ級の液晶を搭載したスマートフォンはかなり大きいです。

下手したらタブレットと区別がつきません。

とは言え、auとしてはあくまでもスマートフォンという位置づけで販売しているので、今回のレビューではあくまでスマートフォンとしてどうなのか?を中心に書いていこうと思います。

まずは右側面を見ていきます。

NCM_0570NCM_0571

右側面には上から、イヤホンジャック、SIMスロット、microSDスロット、電源ボタン、ボリュームキー、そしてストラップホールが配置されています。

イヤホンジャックは防水対応のキャップレス仕様になっていて水に濡らしても壊れる心配はありません。

SIMスロットとmicroSDスロットのカバーは一体になっています。

カバーは爪が短い人でも簡単に開けることができて便利です。←これ重要ね!

電源ボタンはXPERIA ZやZ1などでも採用されている大き目のボタンになっていて、押しやすいです。

次に左側面を見ていきます。

NCM_0573NCM_0574

左側面は上からmicroUSB端子、専用充電器(別売)用の端子が配置されています。

microUSB端子のカバーも開けやすいです。

NCM_0578NCM_0579

裏面には赤外線ポート、800万画素のExmor RS搭載のカメラ、おサイフ(NFC兼)が配置されています。

au版のXPERIA Z Ultraは真ん中にXPERIAロゴ、下にauのロゴと型番が書いてあるのが特徴です。

表面は上にSONYロゴがあります。

外観の説明はこんな感じです。

次に端末の中身を少し見てみます。

・プリインストールアプリの一覧は以下の通りです。

Screenshot_2014-02-03-19-49-58Screenshot_2014-02-03-19-50-02

アプリの数は75個。

・Androidのバージョンは4.2

Screenshot_2014-02-03-20-00-58

XPERIAアンバサダーミーティングXPERIA Z Ultraタッチ&トライの質疑応答にてバージョンアップされるかどうかの質問をした方がいたのですが、SONYのスタッフによれば今のところ未定だとの事。

・カメラアプリ

XPERIA Z Ultraは800万画素のExmor RS採用のカメラを搭載しています。去年の秋に販売されたXPERIA Z1やZ1fがGレンズ搭載で画素数が圧倒的と言うことを考えるとスペック面で劣るが、カメラアプリに関してはXPERIA Z1やZ1fのものと同様だとのことなのでちょっとだけ使ってみました。

Screenshot_2014-02-03-20-04-29Screenshot_2014-02-03-20-05-29

初期設定では「プレミアムおまかせオート」という基本的にカメラが自動で最適な設定をして撮影を行うモードに設定されています。

通常のスマートフォンのカメラみたいにホワイトバランス等の設定をしたいときは「マニュアルモード」に切り替える必要があります。

Screenshot_2014-02-03-20-05-45Screenshot_2014-02-03-20-05-54

「マニュアルモード」での設定画面です。

Screenshot_2014-02-03-20-06-07Screenshot_2014-02-03-20-06-15

「マニュアルモード」にすることによってより多くの設定項目を変更できます。

さらにこのカメラアプリの面白い機能としてカメラのエフェクト機能をダウンロードする形で追加する機能があります。

Screenshot_2014-02-03-20-06-58

ダウンロードにはGoogleアカウントが必要になるので後ほど使ってみようかなと思っています。

カメラの使い勝手等は後ほどの記事でも詳しく書くつもりなので楽しみにしてください。

最後に持った時の使用感を書いていきます。

NCM_0579NCM_0581NCM_0582

さすがに大きさの事もあって、通常のスマートフォンみたいに片手で操作するのはかなり辛いです。

というのも横幅が大きいということもあって親指が画面の端まで届かない上、片手で握りきれないということもあるので片手での操作はあまりお勧めしません。

逆に両手で持つことによって、ホールド感が安定します。

特にQWERTYキーでの文字入力は親指2本を使うことによってかなり入力しやすくなるので文字入力の際はこの持ち方がお勧めです。

また、ゲームをするときなど選択肢をタップしたり、なぞったりする操作の時は利き手の指でタップ等の操作をし、もう片方で端末を持つという持ち方がやりやすいかと思います。

つまり両手での操作が前提となっているといったところです。

・総評

au版XPERIA Z Ultra SOL24を触ってみて思ったことを挙げていきます。

・SIMスロットなどの防水カバーが相変わらず開けやすい。

この端末を触る以前に防水端末を使って思ったのですが、防水カバーが開けづらいと感じました。私が今でも使ってるARROWS V F-04Eの防水カバーは爪がある程度長くないと非常に開けづらく、充電しようと思って開けるのに時間がかかるのに嫌気を感じてしまい、今はカバーを開けたまま使っています。

しかし、XPERIA Z Ultraはどういう訳か爪が短い私でもいとも簡単に開けることができるので、充電の際にカバーを開けるのに時間がかからずに済みます。

これは私が1年ほど前にXPERIA Zを触った時にも感じることができたので、XPERIAの防水カバーは相変わらず開けやすいなと思いました。

・カメラのスペックと機能をどうとらえるか?

XPERIA Z Ultraのカメラは800万画素のExmor RSを搭載と、他の最新のスマートフォンに比べると(他は1000万画素以上のものが大半でXPERIA Z1に関しては2080万画素)いくらか劣ってる印象を受けるが、カメラアプリの機能に関してはXPERIA Z1のカメラアプリと同等のものを採用しているということもあって機能面での使い勝手がどうなのかが気になるので今後使ってみようかなと思っています。

・もはや両手での操作が前提となりそう。

上記の通り片手での操作はかなり辛いです。

逆に両手で操作すれば結構操作しやすいのでそれをどうとらえるかによって好みが分かれそうな端末だという印象を受けました。

これにて以上となります。

今後もXPERIA Z Ultra SOL24を触ってみて思ったことを記事に書いていくつもりなので楽しみにしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。