[緊急警告]「When exactly? URL」と書かれた英文DMによる乗っ取りに注意!!

28 8月

またしてもTwitterアカウントの乗っ取りを行う英文DMが確認されました。

Screenshot_2013-08-28-00-07-48Screenshot_2013-08-28-00-08-44

前回の記事で「Is this it? URL」と書かれた英文DM(ダイレクトメッセージ)によるTwitterの乗っ取りが横行していると書いたが…

それとは別に「When exactly? URL」と書かれた英文DMによる乗っ取りが横行しています。

この英文DMのURLにアクセスすることでTwitterのパスワードの入力を求めるページが表示されるのですが、このページのURLのドメインが「tvvltter.com」だったことからTwitterのパスワードを盗み出すフィッシングサイトであると思われます。

Screenshot_2013-08-28-00-09-04Screenshot_2013-08-28-00-10-11

また、その英文DMを送信してきたユーザーのツイートの中にURL付の英文ツイートが発見されました。

このツイートは恐らく英文DMのリンク先にあるフィッシングサイトでアカウント情報が盗まれ乗っ取られたことによって勝手に投稿されたものと思われます。

リンク先にアクセスするといかにも胡散臭そうな英文のサイトに飛ばされます。

2013204005

前回の記事でも書いておいたが、このような手口は以前から存在しておりこのようなフィッシングサイトにパスワードを入力することで自分のアカウントが乗っ取られ、他のフォロワーに同じような英文DMを送り付けたり英文の広告ツイートを行うようになります。

知り合いから突然英文のDMが送られてきたときはまずはURLにアクセスしないようにしてください。

そして知り合いに自分のアカウントが乗っ取られていることを伝え、乗っ取りの対処を行わせるようお願いします。

もし自分のアカウントが乗っ取られた場合は以下のことを行ってください。

①アカウント名とパスワードの変更

②英文DMと広告ツイートの削除

③フォロワーのみんなに注意を呼びかける

まず①の方法を行えば乗っ取りができなくなります。

パスワードを変更する場合は念のため前回のパスワードに似たものを使わず、アルファベットと数字を組み合わせたパスワードにするよう心がけてください。

次に②の方法を行って他のフォロワーがURLにアクセスするのを防止します。

最後にフォロワーの皆様に英文DMを送信したことを謝罪し、英文DMによる乗っ取りに注意するよう呼びかけましょう。

それから、知り合いが英文DMを送りつけていた場合はこの記事を教えて英文DMの危険性を説明し、乗っ取りの対処を行うよう呼びかけください。

こちらの記事も参考にしてください。

[緊急警告]Twitterにてアカウントを乗っ取られる事例が発生!

Twitterのアカウントを乗っ取る英文DMの危険性と対処法

英文DMによる乗っ取りは結構Twitterのユーザーの間で広まっているので、今後も英文DMによる乗っ取りにご注意ください。

また、「When exactly? URL」以外の英文のDMも横行しているようなので合わせてご注意ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。