アンドロイダーの未来を考える -隊員に意見を求めるという新たな取り組み-

22 2月

どうも、アンドロイダー隊員の活動を積極的に行っているあるすまです。

実は私、2月20日にアンドロイダー本部に訪問する機会があり、アンドロイダーについて本部の方と共に話し合ってきたのでその話の内容をいくつかの記事に分けて紹介していきます。

ただし、話の中には管理人自身への個人的な質問やアンドロイダーの極秘の計画についての話もあったので、これらの内容については自主規制という形で省略します。

前回の記事ではアンドロイダー本部の方から直接話をしたいと本部に呼ばれた私あるすまが、本部に訪問するとアンドロイダーの種隊員が登場し、ロイダーベースという所へと案内されたところまでの内容を書きました。

前回の記事はこちらとなります。

アンドロイダーの未来を考える -アンドロイダー本部で待っていたもの-

今回の記事では、私を含めて隊長とスタッフの方たちとアンドロイダーの未来について協議する前に、私が本部の方に尋ねた「アンドロイダー本部がなぜ私を呼んだのか?」という質問をしてみた時の話を中心に記事を書いていきます。

アンドロイダーの種隊員に案内されたあと、モモナ隊長とスタッフと思われる方が3名ほどやって来て、歓迎されました。

「わざわざ遠くの方から来てくれてありがとう」

と何度も言われたが、その後私は真っ先にこう質問しました。

「アンドロイダー本部がなぜ私を呼んだのか?」と。

その答えをアンドロイダーの隊長やスタッフの方々に丁寧に説明してもらいました。

なぜあるすま隊員を呼んだのかというと、アンドロイダー隊員の中でも特に積極的に活動してくれているからであると言う。

本部では、現在アンドロイダーが抱える問題のひとつとして、積極的に活動してくれる隊員が少ないということで、この問題をどう解決しようかと模索しているようだ。

今回の取り組みではその問題の解決策を見出すべく、積極的に活動してくれる隊員を本部に呼んで、隊員自身がどうして積極的に活動してくれているのか、アンドロイダーの活動を通じてアンドロイダーのどこをどうしたほうがいいのかと言った意見などを聞いて、今後アンドロイダーを改善する際の参考にしていきたいということで計画したのだと言う。

そこで、最初にアンドロイダー隊員の中でも特に積極的に活動してくれている私あるすま隊員を呼ぶことにしたのだという。

2013222001

http://androider.jp/troopers/Aru/

どうやらアンドロイダー本部では私あるすま隊員は、隊員として圧倒的な推しレポ投稿数を誇り、またアンドロイダーについての記事をここASDArcでたまに紹介してくれるということから「カリスマのスーパー隊員」という扱いになっているのだと言う。

その話を聞くたびに、、、

「私ってそういう扱いになってるんですか?」

と何度も質問したのは言うまでもない。

そんな感じで私がアンドロイダー本部に呼ばれた理由を聞いて納得したところで、私を含めて隊長とスタッフの方たちとアンドロイダーの未来についての協議が始まったのですが、続きは別の記事にて書いていきます。

続きはこちらです。

アンドロイダーの未来を考える -隊員が見つけてきた発掘アプリの行方-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。