Androidの画面をWindowsに表示できる!アンドロイドミラーリングケーブル

9 2月

どうも、Android端末ばっかいじるけどパソコンもいじるあるすまです。

Androidのようなスマートフォンであれば、どこでもいじれるが、パソコン、特にデスクトップパソコンでは席に座らないと使えない。

さらに、スマフォは文字入力がしづらいが、パソコンであればキーボードがあるから文字入力がいくらかやりやすい!

せいぜいパソコンの席についているときはパソコンでAndroidの操作をしたい!

そんな願望を抱いているとき、ちょうど面白そうなものがありました。

DSC_2253

今回紹介する周辺機器「アンドロイドミラーリングケーブルSD-PC2AND」があればパソコンの画面上でAndroidを操作ができるとの事で購入しました。

ただ、Androidをそうさできるとはいっても注意事項がパッケージに書いてありまして、、、

DSC_2255

「出力中は画面の動きが鈍くなったり、動画再生コマ落ち致します。デュアルコアCPU以上での使用をお勧め致します。」と書いてあるため結構前に買ったスマフォ(特にシングルコアCPUの端末)を使ってる人は注意が必要です。

ただ、今年の春モデルの大半がクアッドコアを搭載し、去年のモデルでもデュアルコア搭載が大半を占めているので比較的最近購入した端末であれば問題なく使えるかなと(恐らく)。

DSC_2257

箱を開けるとトリセツとミラーリングケーブルが入っています。

DSC_2261DSC_2262

ミラーリングケーブルにはスマフォを接続するためのmicroUSB-B端子と、パソコンに接続するUSB接続端子があり、そこにはドロイド君が書いてあるのが何かかわいい。

ではではセットアップを早速始めたいのですが、このケーブルを使うときはいろいろドライバーやらソフトやら入れないといけないので簡潔に紹介します。

20132090012013209003

まずはパソコンにケーブルを挿します。

ケーブルを挿すとコンピューター上に表示されるCDドライブの「AndroidMirror」をクリックしてドロイド君のアイコンをダブルクリックしてソフトウェアを起動します。

(自動再生に設定されている場合は、オプションウィンドウが表示されるので、「フォルダーを開く」をクリックするとドロイド君のアイコンが出ます。)

2013209004

するとこのようにインストーラーが起動するのでソフトウェアをインストールします。

2013209005

インストールが完了すれば、このようにパソコンのデスクトップにドロイド君のアイコンが追加されます。

そのアイコンからソフトウェアを起動すれば、、、

2013209006

このようにAndroidMirrorを使うためのセットアップが始まり画面の指示に従っていろいろドライバーなどをインストールします。

DSC_2265

このときパソコンにAndroid端末を接続します。

デュアルコア以上推奨とのことだが、念のためクアッドコア搭載のスマフォARROWS V F-04Eを接続します。

セットアップの際はAndroid端末でデバックモードにする必要があり、またJavaやUSBドライバーがインストールされます。

2013209009[

全てのセットアップが完了すればこのようにパソコン上にAndroidの画面が表示されるようになります。

では早速操作しようといろいろマウスを動かしてみるが、ここで問題発生!!

操作を受け付けない!!

どういうことだ!!

トリセツではクリックしスライドで、タッチとスライドができ、左もしくは右クリックでタッチができるとあるのに操作が一切できません!!

何度もやっても無理みたいなので、スマフォ側から操作することに。

スマフォから操作すれば画面もそれに合わせて表示されるが、スマフォもパソコン上の画面も遅い!!

どれくらい遅いのかというと、去年のドコモの春モデルに搭載のパレットUI並みにカクカクする!!

クアッドコア搭載の端末でもガクガクになるので、相当な処理能力を使ってるということになりますね。

まあ端末の遅さについての悪口はこれくらいにして、他に使える機能を探ってみましょう。

20132090112013209012

まずはキーボードによる文字入力。

なんと、キーボードで書いた文字をAndroidに反映できます。

文字入力はパソコンのキーボードの方がいくらかやりやすいので、これは結構便利な機能だと感じました。

2013209013

次にスクリーンショット機能。

右上のカメラアイコンをクリックすればスクリーンショットの保存ができます。

Android4.0からはボリュームキーの下+電源ボタンで簡単にスクリーンショットが撮影できるようになったけど、ボリュームキーと電源ボタンの配置は端末ごとに配置が異なる訳ですから、端末によっては操作し辛い。

さらにスクリーンショットを使ってブログなどの記事をパソコンで書く場合は端末に保存したスクリーンショットをいちいちパソコンに転送しなければいけない。

その点を考慮すれば、クリック一回でパソコン上に保存できる、つまり簡単操作でパソコンにいちいち転送しなくてもいいという利点があって便利です。

(ただ、端末自体がガクガクになるから、端末単体で保存するのか、ケーブル使って保存するかのどっちがいいのかは言い辛いが。)

20132090142013209015

さらにこのソフトは便利なことにパソコンから画面をON/OFFにしたり、画面の回転もでき、音量を変更することもできますし、戻るやホームに移る、メニューボタンの表示もパソコンから操作できます。

(マウスで画面の操作が出来ない以上、それほど便利じゃないけど。)

・まとめ

結局このケーブルは便利なのかといわれると返答に困ってしまいますね。

マウスの操作ができないのはこのF-04Eだけなのか、それともマウスの操作はほとんどの端末でできないのかはわからないけど、マウスの操作ができるとなると結構便利なケーブルとして使えそうだなと思い、購入してちょっと残念に思いました。

ただ、キーボードから文字入力を反映できたり、スクリーンショットをパソコン上で撮影でき、さらに何といってもAndroidの画面がパソコン上に表示できるといった機能があるので面白い周辺機器だなとは思いました。

この周辺機器、4980円と決して安くない買い物だったのですが使い方次第では結構面白い使い方ができるので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら

アンドロイドミラーリングケーブル SD-PC2AND(amazon)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。