2013年度Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(後編)

24 1月

DSC_0089

1月22日よりdocomoの新商品発表会の後にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社運営、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社協賛で開催された「XPERIAワールドタッチ&トライブロガーミーティング」でXPERIA Z SO-02EとXPERIA tablet Z SO-03Eが登場し、いち早く触れる機会がありました。

そのブロガーイベントではXPERIA Z SO-02EとXPERIA tablet Zの魅力を紹介するプレゼンテーションが行われたので、その時の様子を報告します。

・XPERIA tablet Z SO-03Eの製品紹介

DSC_0187DSC_0200

続いてXPERIA tablet Z SO-03Eの製品紹介が行われました。

XPERIA Z SO-02Eの製品紹介の様子は前編で記事にしたので参考にして下さい。

2013年度Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(前編)

XPERIA tablet ZもXPERIA Z同様にIDENTITY、ADVANTAGE、INNOVATIONの3つのポイントに絞って紹介されました。

まずはデザインの紹介。

XPERIA tablet Zのカラーはブラック、ホワイトの2色で展開。

XPERIA tablet Zの背面はXPERIA Zのような鏡面ガラス素材とは違い、マットな素材になっており、XPERIA Zとは違った味のあるデザインになっています。

DSC_0203DSC_0211

XPERIA tablet Zは世界最薄・日本最軽量。

薄さは6.9mmで重さが495gと10インチ級タブレットとして圧倒的にスリムでありながらハイスペックであることが最大の特長となっています。

実際に持ってみたところ、その圧倒的な薄さに驚かされましたよ。

スマートフォンのXPERIAでおなじみのアプリケーションをタブレットの大画面用にカスタマイズされた形で楽しむことができます。

DSC_0215DSC_0218

また、ノートアプリケーションも搭載し、大画面ならでは機能を追加。

次にディスプレイの紹介。

ディスプレイは10.1インチのフルHDに対応した液晶。

解像度が1920×1200と通常のフルHD液晶よりも縦に120ピクセル分高くなっています。

DSC_0226DSC_0229

タブレットならではの特長としてサウンドシステムが挙げられました。

S-Forceフロントサラウンド3Dを搭載し、臨場感のある音楽や映像を楽しむことができます。

続いてカメラの紹介。

XPERIA tablet Zには背面カメラとフロントカメラに「Exmor R for Mobile」搭載のカメラを搭載。

画面が大きいので大画面ならではの撮影が特長となっています。

DSC_0242DSC_0244

続いて接続性の高さを紹介する一例として「One touch sharing」という機能を紹介。

NFCを搭載した機種同士をワンタッチで連携できる機能となっています。

この機能を使うことによってワンタッチで画像などの転送ができるようになっています。

ここ最近NFCを搭載した端末が徐々に増えていってるのでこれは面白そうな機能ですね。

またリモコンアプリケーションを使ってBRAVIAなどの機器を登録することによってXPERIA tablet Z1つで複数の機器をリモートコントロールすることが可能になっています。

DSC_0248DSC_0251

今度は、大画面を生かしたスモールアプリの紹介。

スモールアプリの例として電卓アプリが挙げられました。

例えばウェブショッピングで複数の商品を買おうかなと思ったときに計算が必要になるのですが、その時にスモールアプリを立ち上げているといちいちアプリを切り替えなくても1つの画面で2つのアプリを操作するができます。

もはやパソコンですね、、、。

それからたくさんの充実した機能も搭載しています。

docomoのXiによる高速通信、防水防塵、ワンセグ、NOTTVにも対応。

1.5GHzのクアッドコアも搭載しているので操作も快適です。

DSC_0260

最後に卓上ホルダーの紹介。

XPERIA Zと同じデザインです。

これでXPERIA tablet Zの紹介が終わったが、今までXPERIAというとスマートフォンというイメージが強く、タブレットのXPERIAが販売された当初はパッとしなかったのですが、この紹介を見ることによってタブレットのXPERIAもデザインや使い勝手に磨きがかかってるなと感じました。

世界最薄!

防水対応ハイスペックタブレットは3月中に販売です。

では、プレゼンテーションの報告はこれにて終わります。

コメント / トラックバック1件 to “2013年度Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(後編)”

Trackbacks/Pingbacks

  1. 2013年度Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(前編) « ASDArc -アスダーク- - 2013年1月25日

    […] 2013年度Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(後編) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。