週アスの付録「ゆびきた~すウルトラマウス」を早速スマフォで使ってみた。

17 12月

どうも、週刊アスキーの付録号だけは購入するあるすまです。

DSC_2111DSC_2113DSC_2115

今週から販売された週刊アスキーには「ゆびきた~すウルトラマウス」という変わった形をしたマウスが付いているという豪華仕様なので、早速ASDArc管理人が近くのコンビニに行って購入してきました。

早速箱を開けると、例のマウスが入っていました。

DSC_2119DSC_2117

このマウスはどういうものなのかというと、先端に赤色LEDが搭載されていて、その先端部分を床や膝などに置いて操作するという独特な仕様となっています。

側面には左から、左クリックボタン、カーソル、右クリックボタンと配置されています。

では、このマウスはどうやって使うのかというと、、、

DSC_2120DSC_2121DSC_2122

この画像のようにひとさし指にはめて使います。

こうすることで側面にあるカーソルやクリックボタンを親指で操作することができ、また、ひとさし指を画像のように床や膝などに置くことでマウスのポインタを操作することができます。

ただしこのマウスはあくまでも右手のひとさし指にさして操作するのを想定しているみたいで、左手のひとさし指にさして使うと、カーソルやクリックボタンが配置された側面が中指側を向いてしまうため、親指での操作はできず、また、中指でのカーソルやクリックボタンの操作がし辛いので、左利きの人は注意が必要である。

では早速使いたいと思いますが、まずはパソコンに繋げてみました。

私のパソコンはWindows7 Proを搭載しているのですが、マウスをつなげたところすぐにドライバーのインストールが行われ、すぐに使えるようになりました。

操作をしてみたところ、マウスのポインターをあわせるのが難しく、ウィンドウの×ボタンやウィンドウの拡大縮小ボタンなど、小さいものをクリックするときは特に大変でした。

ただし、クリックボタンやカーソルに関しては、親指で簡単に操作できるということもあり快適に操作することができました。

さて、次はいよいよスマフォで操作したいと思いますが、スマフォに繋げて操作する場合はmicroUSB端子を通常のUSB端子にし、USBホスト機能のある変換ケーブルを使ってつなげる必要があります。

またスマフォ側もUSBホスト機能に対応している必要がある(Android4.0以降であれば大体対応しているらしい)ので注意が必要です。

タブレットの場合はUSB接続端子を搭載する機種であればそちらにつなげれば問題なく操作するみたいです。

DSC_2124DSC_2126DSC_2127

ということで早速、自分で用意したスマフォ用USBハブを使って、Android4.0搭載のARROWS V F-04Eに繋げて操作してみたいと思います。

操作している様子を動画にしてみたので参考になっていただければ幸いです。

操作してみると、カーソルの大きさが画面の広さに対して、パソコンよりは大きめでいくらか操作がし易いです。

左クリック及び右クリックボタンでタップに相当する操作ができ、カーソルでは上下にスクロールすることができるので、ブラウザ等で使うといいかもしれません。

また、画面上にキーがある端末ではマウスのカーソルでクリックすることによって操作ができるのでこれが便利です。

まあこんな感じでパソコンはもちろんスマフォでも操作ができるし、指にはめて使うので机の上において使うマウスのように置き場所が邪魔にならず、なんといっても590円という安さで雑誌と一緒に付いてくるので普段使ってるマウスの変わりに週アスを買って使ってみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。