スマフォ使い&Twitter廃人に御用達?のバッテリー管理アプリ「Tweet Battery」

24 10月

どうも、ここ最近夜寝る前に充電をし忘れたがためにスマフォのバッテリーがなくなってたという事故が何回か続いてるあるすまです。

気づいたらなくなるスマフォのバッテリー、スマフォをどこにおいていても残量だけは把握しておきたい、、、

今日はそんなスマフォユーザーさんに便利なアプリを紹介します。

screenshot_2012-10-23_2310screenshot_2012-10-23_2306

今日紹介するアプリ「Tweet Battery」は端末のバッテリー残量を自分のTwitterアカウントに自動でツイートすることでバッテリー残量を把握するというもの。

使い方は簡単でアプリをインストールして開いたら「認証する」をタップします。

screenshot_2012-10-23_2307screenshot_2012-10-23_2307_1

すると左の画像のような認証画面が出てくるので自分のTwitterアカウントにログインして認証します。

認証が完了すれば右の画像のようにバッテリー残量を自動でツイートしてくれます。

初期設定ではバッテリー残量が10%変化するたびにツイートする設定になっており、1~25%まで設定変更することができます。

ただしこのアプリにはいくつかちょっとした問題点がありまして、

screenshot_2012-10-23_2323

まず1つはスマフォの充電ケーブルを抜き差しするたびにツイートされるということ。

これは充電ケーブルを挿すとステータスが充電中、ケーブルを抜くと放電中と変わり、ステータスが変わるたびにツイートするという仕様になっているからです。

つまりどういうことなのかというと、スマフォの充電ケーブルを何度も抜き差ししてしまうとそのたびにツイートされ、気づいたら膨大な数のツイートを投稿してしまうことになるので注意が必要になってくるのです。

もう1つは1つのアカウントで1台の端末でしか使用できないということ。

私が実際に実験で最初にXPERIA arcを認証させたあと、S42HWで認証させると最後に認証させたS42HWでは残量がツイートできたものの、XPERIA arcではツイートできなくなっていました。

そんな問題点があるものの端末のバッテリー残量をTwitterで確認できるのは実は結構便利で、端末から目を離していてもパソコンや他のデバイスから端末のバッテリー残量を確認できるので、いつでも端末のバッテリー残量を確認できるという、スマフォは命の次に大事だという方にとっては安心できますね。

詳しくはこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。