「MOTOROLA RAZR M」タッチ・アンド・トライイベントの報告

23 10月

DSC_1668

どうも、MOTOROLA RAZR M」タッチ・アンド・トライイベントではお世話になりましたあるすまです。

DSC_1624

今回参加したイベントは執筆地点で10月下旬販売が予定されているMOTORORA製端末RAZR M 201Mをいち早く触れることができるもので、会場に着くとそのお目当ての端末があったのでいじってきました。

なお、今回の報告記事は私自身が端末のレビューを中心に執筆したいということでこのイベントで行われたプレゼンテーションの内容はかなり省略します。

また、今回の端末は開発中の端末であるため販売時の端末とは仕様が異なる可能性があるので注意してください。

それでは端末レビュー始めます!

DSC_1632DSC_1635DSC_1636

正面はキーがオンスクリーン上にあるので4.3インチの液晶とモトローラのロゴがあるのみです。

最初に持ってみた感じ、始めはこれが4.3インチなの?って思うほど小柄なボディをしていて片手で余裕で持つことができます。

ちなみにどれだけ小さいのかというと、、、

IMG_20121018_194716

なんと!縦幅がXPERIA arcより短いのです!

横幅はXPERIA arcとほぼ同等といったところか、、、。

それでいて201MはXPERIA arcよりも大きい4.3インチ液晶を採用しているのでいかにコンパクトであるかが分かるでしょう(arcは4.2インチと液晶は若干小さい)。

右側面は電源キーとボリュームキーがあります。

電源キーとボリュームキーが同じ面にあるのでスクリーンショットを撮るときはやり辛かったです。

裏面はこれぞモトローラ端末ともいえる最大の特長KEVLARファイバーの模様とモトローラのロゴがあります。

DSC_1637

そして、この201Mはグローバルモデルでは珍しく(最近はそうでもなくなってきたが)おサイフ機能にも対応しているのでおサイフ機能のロゴもあります。

DSC_1638DSC_1639DSC_1641

続いて左側面はSIM&microSDスロットとmicroUSB挿入口があります。

DSC_1661

SIM&microSDスロットはカバーで覆われていて、microUSB挿入口はむき出しです。

下側面はなにもなく、上側面はイヤホンジャックがあります。

DSC_1643

以上が端末の外観なのですが、この端末は黒の端末のほかに白の端末もあったのでそちらのほうもいじってきました。

DSC_1644DSC_1645DSC_1646

DSC_1647DSC_1648DSC_1649

外観は色を除くと黒の端末とはほとんど変わらないように見えますが、採用されている素材が黒の端末のようにKEVLAR素材ではなく、強化プラスティック素材を採用しているとのことです。

この強化プラスティック素材は黒端末のKEVLAR素材よりは強度が劣るものの日常生活で使ううえでは十分な耐久力があるとの事。

続いて内部を見てみましょうか。

DSC_1633DSC_1634

ロック画面には右上にマナーモードなのか通常のモードなのかが一目で分かるインジケーターが印象的。

マナーモードなのかどうかが確認しやすくて便利です。

ロック解除すると、ホーム画面はなんと!1つのみ!

シンプルですなー。

ホーム画面?そんなに1枚でいいだろ!という方にとってぴったりじゃないでしょうか。

DSC_1652DSC_1653

ちなみにホーム画面を左にフリックするとクイック設定が出てきて、一通りの端末の設定を変更することができます。

大抵の端末が端末上部から引き出すトグルから変更しないといけないことを考えると左にフリックするだけで設定変更ができるのは結構使い勝手がいいと感じました。

DSC_1651DSC_1654

また、右にフリックするとページを追加する設定を行うこともできます。

ホーム画面を操作する動画を撮影したので参考になっていただければ幸いです。

 

次に私はこの端末のプリインストールアプリのGuide Meに興味を持ちました。

DSC_1739DSC_1740

このプリインストールアプリは端末の操作方法を分かりやすく説明するというものなのだが、これがなかなかすばらしい機能なんですね。

これは言葉で説明するよりは動画を見てもらったほうが分かりやすいかもしれないので動画を見てみてください。

 

これはチュートリアルのひとつ「アプリはどこにあるのかおよび新しいアプリを手に入れるにはどうするか見せてください。」を開いたときの動画です。

動画を見てもらうと分かるように画面をフルに使って操作方法を説明してくれるのでとても分かりやすいです!

 

アプリ一覧の開き方の説明だけでもこれだけ丁寧だと他の操作方法も分かりやすく説明してくれるかと思うとなかなかすばらしい機能です。

さて、端末レビューはここまでにしておきましょう。

今回の201MはさすがMOTORORA製であるだけあって抜かりのない完成度になっているのが実感できました。

とくにXPERIA arcよりもコンパクトでありながら大きな液晶を搭載し、またホーム画面が1枚のみと無駄のない仕様には圧倒されました。

さらに初心者さんでも分かりやすく操作方法を説明するGuide Meをプリインストールするなどしっかり作りこまれていて抜かりがありません。

そんな201Mの詳しいスペックはこちらをどうぞ!

http://mb.softbank.jp/mb/smartphone/product/201m/spec/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。