XperiaNX販売直前まとめ

23 2月

NX_06

ついに明日よりXperiaNXが販売されます。

ということでXperiaNXの販売直前特集を組みます。

・XperiaNXに関する記事

今日よりドコモスマートフォンラウンジで先行展示されたXperiaNXをちょっとだけいじってきました!!

ソニー・エリクソン主催Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(前編)

ソニー・エリクソン主催Xperiaワールドタッチ&トライブロガーミーティングの報告(後編)

・XperiaNXのスペック

NX_02

http://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-02d/spec/spec.html

・参考としてXperia arcのスペック

xperia_arc_stock_low

http://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01c/spec/spec.html

・カラーのまとめ

NX_18NX_09

カラーはブラックとホワイトの2色です。

管理人の個人的な意見ですが、黒が好みです。

・外回り(端末デザイン)のまとめ

1.フローティングプリズムを採用←check!!

DSC_0489

端末の一部が透明になっているフローティングプリズムを採用しています。

画像を見れば、私の手が透けて見えるのが分かると思います。

2.イヤホンジャックやUSB端子などの位置が変更

NX_14NX_12NX_13

イヤホンは端末の上側に、HDMI端子は端末右側面、USB端子が左側面へと変更されました。

またUSB端子は前回のXperiaシリーズ端末と異なりカバーがついています。

3.画面が4.3インチと一回り大きくなった。←check!!

IMG_0003

Xperia arcに比べて若干サイズが大きくなり、1280×720ピクセルの高解像度HDディスプレイを新たに搭載しました。

内回り(機能)のまとめ

1.カメラが圧倒的に進化した←これ重要!!

カメラの画素数は約1210万画素まで進化し、端末スリープ時から約1.5秒で起動できる機能を新たに搭載しました。

起動した後も約0.5秒間隔で速写することができます。

2.CPUがついにデュアルコアプロセッサーに!

Xperia端末で初となる1.5GHzデュアルコアプロセッサーを搭載しています。

3.docomo Palette UIとSony Ericssonホームを搭載

docomo Palette UIとSony Ericssonホームを切り替えて使うことができるようになりました。

 

参考になっていただけたでしょうか?

もうすぐNXが販売されますが、

acro_01

3月にはワンセグ、おサイフ、赤外線を搭載し、防水にも対応したXperia acro HDも販売されることが決まっているので、

よーく考えた上で購入に踏み切ってください!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。