特集:Smartphone’s OS

1 8月

最近auの方でWindowsPhone7.5搭載のスマートフォンが発表されて大きな話題?となりました。

今後のスマートフォンの市場がどう変わるかが見ものとなります。

ですが、スマートフォンを購入する際、iPhoneとAndroidの違いは何だ?とかWindows7ケータイやらWindowsPhone7.5とか一体どこが違うのか?というようにOSの違いで混乱している人々がいると思います。

そこで今日はスマートフォンに搭載しているOSに関する特集を組みたいと思います。

そもそもパソコンなどをまともに扱っていない人々にとってはOSて何か?と思う人々もいると思います。

OS・・・OperatingSystemの略。端末を操作するための基本システムと考えれば大体あっている。

まあ、OSについては深く考える必要はないですが頭の片隅に入れておくくらいはしてもいいと思います。

それでは本題に戻りますが、スマートフォンに搭載されている代表的なOSを紹介します。

iOS・・・言うまでもなくApple社製のiPhoneに搭載されているOS。搭載する端末があらかじめ(iPhone、iPadなどに)限定されているので基本的に動作は快適。楽曲やアプリなどをAppstoreで手軽に入手することができるが、規制が厳しくAppstore以外のアプリは基本インストール不可能。OSのアップデート及びパソコンからデータを転送するのにiTunesと呼ばれるソフトが必要不可欠である。

WindowsPhone・・・Microsoft社製の携帯端末向けのOS。パソコン向けのWindowsでおなじみのOfficeやInternetExplorerを標準搭載しておりパソコンとの互換性も抜群。アプリはMarketplaceでのみ入手できる。TwitterやFacebookなどをOSレベルで閲覧できる機能も搭載している。ちなみにDocomoから販売したF-07Cはパソコン向けのWindows7とiModeケータイ向けOSをデュアルブートで搭載したWindows7ケータイという名称の携帯であり厳密に言うとスマートフォンではない。

AndroidOS・・・Google社がオープンソースで開発している携帯端末向けOS。Xperia arcを含め日本国内のスマートフォンに搭載されているOSの大半を占める。基本的に端末のみでアップデート(一部例外もある)でき、またパソコンからデータを転送する際、直接端末内にデータを転送できるようになっているなど自由度が高い。マーケット及びネット上に出回っているアプリをインストールできるようになっており、パソコンとの互換性はアプリである程度は保たれる。

このように説明からでもわかるようにiOSは動作が快適で、WindowsPhoneはパソコンとの互換性が高い、そしてAndroidOSは自由であるとわかると思います。

この記事がスマートフォンの購入に役立てれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。