LiveViewを時計として使う。

10 7月

今日、地元のショッピングモールの時計屋さんにLiveViewに付属している腕時計カバーに市販のベルトをつけてもらいました。

IMG_1001

ベルトをつけてもらう際に注意点があるので説明します。

腕時計カバーにつけるベルトは幅20mmである必要があり、なおかつ薄型のものであるという条件が必要となります。

とくに厚型のベルトを取り付けるときはまらない場合があるらしいので注意しましょう。

あとこれは余談だがLiveViewを腕時計カバーに取り付けた後とりはずすとき結構硬くなっているので注意しましょう。

LiveView本体の上側を押しこみながらベルトをもって引き起こすと結構簡単に取り外しできます。

LiveView本体は腕時計カバーをはずさないと物理的に充電できないようになっているので覚えておきましょう。

プラグインの説明も後ほど紹介するので今後もお楽しみください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。