速報!:LiveViewついに到着!!

8 7月

今日もXperia arc-弧を描くAruのスマートフォンをご覧いただきありがとうございます。

今日から更新を再開することになりますが、ついさっき

IMG_0005

あのLiveViewが届きました。

ちなみに自腹(小遣い)で買いました。

IMG_0006IMG_0007

ということで早速開封しましょう。

箱を開けるとユーザーガイド、ACアダプター、本体、腕時計バントカバー、取り扱い説明書、そして写真にはないが保証書が入っています。

IMG_0008IMG_0009

それではセットアップを始めます。

1.画面のフィルムと側面の保護シールをはがします。側面のシールをはがすとクリップが外れるようになります。

IMG_0010

2.充電は十分にはされていないらしいのでACアダプターにつなげて充電します。

そしたら本体はしばらく放置してArc側の設定をしましょう。

2011708003

1.ユーザーガイドにはLiveWareマネージャーをインストールするQRコードがあるのでそこからQRコードスキャナーでダウンロード先に飛びます。

201170800420117080052011708006

2.liveWareマネージャーをインストールしたら今度は”liveview”と検索してLiveViewアプリケーションをインストールしましょう。

3.今度はArcのホーム画面から

メニューボタン→設定→無線とネットワーク→bluetooth

とタップしてBluetoothを有効化します。

2011708001

そしたら本体の電源ボタンを長押しするとペアリングができるようになっているので、Arcから端末のスキャンをタップして登録します。

IMG_00122011708002

そうすると

IMG_0013

0時の状態になります。

最後にLiveViewアプリケーションを起動して設定すればArcと本体の時間が同期されてやっと使えるようになります。

20117080072011708008

IMG_0014IMG_0015

それでは使い勝手をレビューします。

左上がLED付き電源ボタン、右上が決定/戻る兼用ボタンになっており、また画面の上下左右にタッチセンサーがあり、そこからスクロールすることができます。

操作方法はやや複雑なので慣れが必要です。

電源をつけると時計が表示され、右上のボタンでタイルを表示します。

ここからいろいろできるようになっています。

Arcがメッセージなどが来るとLiveView本体が一回振動し、LEDが青く点滅するようになっています。

一回しか振動しないので肌身につけていないとわかりづらいかもしれません。

このLiveViewはプラグインを導入することで機能を増やすことができます。

後ほどプラグインの方もレビューしますのでお楽しみください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。